Adsence

Adsenceで一番最初にする設定 広告ユニットをつくる!

アドセンス

Adsenceの審査に合格したものの、最初に何を設定すればいいんだろう?と考えていませんか?私もAdsenceをブログに設定しようと思ったのですが、何から始めようか…と考えてしまいました。

審査に関するブログはたくさんありますが、意外にAdsenceの設定について書かれたブログって少ないですよね。今回は、Adsenceに合格後、最初に何を設定すればいいのか?について説明しますね。

最初にやること
  1. Adenceに自分のブログURLを登録する
  2. Adsenceの広告ユニットを作成する
  3. Google Analytics と Adsence を連携する
  4. 審査用のAdsenceコードを削除する

1.Adsenceの広告を掲載するブログURLを登録する

まずは、Adesenceに自分のブログのURLを登録しましょう!

設定>自分のサイト

アドセンス

+ボタンをクリックして、サイトのURLを登録します。

忘れずに有効化もしておきましょう。

Adsenceにブログを登録しなくても、利用することができます。しかし、登録をしないない場合、アドセンス狩りという被害に遭う可能性が高まります。
例えば、あなたのブログの広告を不正にクリックしたり、あなたのAdsenceの広告コードを悪用することにより、Adsenceのアカウントを停止に追い込まれる場合があります。

2.Adsenceの広告ユニットを作成する

Adsenceの広告を表示させる場所は決まっていますか?さっそくAdcenceの広告コードを作成しましょう。広告のコードは、「広告ユニット」単位で生成されます。

  1. 広告を貼る場所1か所につき、1つ広告ユニットを作成する
  2. 広告ユニットの名前は、「サイト名-端末名-位置」にする

Adsenceの収益データを見たときに、ブログのどの位置の広告がクリックされやすいのか?など、分析ができるようにしたいですよね。広告ユニットの名前に、サイト名・端末・広告位置を記載しておけばわかりやすいのでおススメです。

基本的には、広告はレスポンシブル(広告サイズ最適化)ですが、WordPressのテーマでPCとモバイルで広告表示を切り替えていえる場合は、PC・mbなどわかるように入れておくと良いですね。

広告ユニットの設定手順

Adsence>広告の設定>コンテンツ>広告ユニット

アドセンス

新しい広告ユニットから登録します。

詳しい広告ユニットの作成の仕方は「広告ユニットを設定しよう」をご覧ください。

3.Google Analytics と Adsence を連携する

Google Analytics と Adsence を連携すると、どのページの収益が高いのか?など収益の分析をすることができます。

Analytics と Adsence は、初期設定では連携されていないため自分で設定をします。

Google Analytics の設定

Google Analytics にログインをします。

アナリティクス設定>アカウント>プロパティ>Adsence のリンク設定

アナリティクスAdsenceのリンク設定をクリック

アナリティクス

新しいAdsenceリンク をクリックします。

作成したら完了です。

Adsenceのデータが表示されるようになるまで、最大24時間程度かかることがあります。

Adsenseで確認

Google Adsence でログインをする。

設定>アクセスと認証>Google アナリティクス

こちらで、あなたのGoogle Analyticsが表示されていたら無事設定が完了しています。

4.審査用のAdsenceコードを削除する

Adsenceの審査のためにブログの<head></head>に追加したコードを削除します。

間違えないように気を付けて削除しましょう。

審査用のコードをそのままにしておくと、Adsenceの自動広告が挿入されます。

まとめ

上記でAdsenceの設定は完了です!

広告が配信されるようになるまで、少し時間がかかりますので気なかがに待ちましょう。

ABOUT ME
大賀 ずえ
コンテンツプランナー・IT系ブロガーの 大賀ずえです。『ネットで生きていこう』をテーマに、ブログを運営しています。都内のIT企業でWEB・SNSマーケティング・コンテンツマーケティングを行っています。ITとエンタメが得意で、メディアでの執筆も行っています。 インターネットが好きになる、大好きになるような情報を発信します。