コンテンツプランナー大賀ずえがIT情報を発信中!

現在、サーバー移行に伴い一部不具合がでています。ご迷惑をおかけしますがご了承ください。

人生初の胃カメラは恐怖で震えた

 
  2018/05/06
ずえ
WRITER
 
熟睡
この記事を書いている人 - WRITER -
ずえ
コンテンツプランナー・IT系OLブロガー・ライターの 大賀ずえです。 都内のIT企業でWEBマーケティング・SNSマーケティング・コンテンツマーケティングを行っています。 ディレクションから、ライティング、編集など多岐にわたります。
詳しいプロフィールはこちら

健康診断で要精密検査になり、胃カメラの検査をしてきました。
実は昔から胃が弱く、辛い物が大好きですが胃が痛くなってしまったり、もたれることが頻繁にあります。
最近は、胃液が逆流しているような感覚もありました。
そんななか、健康診断で「萎縮性胃炎」の疑いがあるとのことが発覚。
胃カメラ怖いなぁと思っている方もいると思うので、流れを説明します。

病院の予約は速攻だった

実は、「予約がいっぱいで受け入れられません」と断られる気が満々でした。
が、病院に電話したところ、
「最短で明日です!」

え…はっはい。お願いします……。

ずえ

大きな総合病院でしたが、GW中の中日だからか即予約がとれました。

萎縮性胃炎というのは、胃がんになる可能性があるため、それですぐに調べてくれたのかもしれません。

ずえ

「検査のため、食事制限があります。本日の21時までに食事をすませてくださいね。それ以降はお水とお茶ならかまいません。おそらく胃カメラですね!」 震えてしまいました(笑)

ところで胃カメラってなに?

胃カメラとは、胃内視鏡検査のことです。
胃内視鏡検査は、スコープを口から挿入して、食道・胃・十二指腸を観察します。
スコープの先端には、カメラが内蔵されていて、画像をモニタで観察し、同時に映像で保存されます。(写真の場合もあるらしい)
検査の時間は、20分前後です。組織検査になった場合は、時間が前後する場合があります。
胃内視鏡検査ってどんな検査?

胃カメラの流れ

事前準備

  • 21時までに食事を終える(食物繊維や肉など消化が悪いものは避ける)

当日準備

  • お腹周りが楽になる服装
  • 公共の交通機関を利用するか、送迎をしてもらう

胃カメラをうけるまで

  • 問診を受ける
  • 胃内視鏡検査の問診票と鎮静剤について・検査の同意書を読んでサイン
  • 胃の中を見やすくする薬を飲む
  • 鎮静剤を使用するかの確認とリスクについての説明
  • 点滴の針を刺される
  • のどに麻酔を噴射 ゆっくりのむ
  • 横になる
  • 点滴 薬を注入される(鎮静剤など)

検査中に、ポリープなどがあった場合は必要に応じて、その細胞の一部を採取(生検)して、組織検査をすることもあるそうです。

結果はその場でわかる

組織検査を行った場合は、結果がでるまでに時間がかかるとのこと。
流れについては、受診する病院に応じて違うかもしれないので、心配な場合は聞いてみるといいかもしれませんね。
あと、緑内障や糖尿病を患っている場合に使用できない薬などがあるそうなので、必ずしも上記の手順ではありません。

胃カメラを受ける際の注意事項

筋弛緩剤を使うので、当日の自動車・バイク・自転車の運転はできません。
公共機関を利用するか、送迎をしてもらう必要があります。
私は、鎮静剤を使用しましたが、目が覚めて会話も動くこともできましたが、その日一日ふわふわとしていて、夜も早くに眠りに落ちました。
完全に抜けたなと感じたのは翌日の朝でした。
なので、絶対に自分で運転してはいけません。

病院でいただいた注意事項には、検査後1時間は休んでください、その後2時間は院内にいてくださいと書かれていました。体調に異変がおこる可能性があるからです。

ずえ

心の準備ができないまま胃カメラへ

てっきり、鎮静剤や麻酔の点滴をやり終わってから検査だと思い込んでいました。
鎮静剤は使う?(問診票に書いたじゃん)
初めて?(初めてや)
う~ん…初めてなら使う?副作用もないわけじゃないんだよ。

使えるものはなんでも使ってください

ずえ

鎮静剤の説明とリスクについて伺う。
点滴の針を刺され、横に寝かされ、口にマウスピースをくわえさせられました。
そして悟りました。

胃カメラや

ずえ

胃カメラの検査室あたりから、ずっと私の目が逝ってしまっていたので、先生はこいつ大丈夫かよという顔をされていました。

バリウムを飲むより断然楽!鎮静剤であっという間に終了

お薬を入れられたときに、すぐにくらっとし目の前がゆがみました。
途中、目を開いて胃の画像を見たような記憶もあるし、うなった記憶もうっすらあるのですが、どのくらいの時間がたったのかもわかりませんでした。
はい。楽でした。
バリウムを飲むよりもずっと楽!

胃の中がきれいに見える

胃内視鏡には、口からの場合と、鼻からの場合がありますが、カメラの映像は口からの場合の方が断然綺麗とのことです。
今回、胃カメラを飲んでみて、痛みを感じませんでした。もちろん気持ち悪さというか、なぜか途中でうぉぇっていうのがありましたが。
結果も、検査後に胃の中の映像を見せてもらいましたが、とても綺麗で問題はありませんでした。(健康診断が誤診…?)ペプシノゲンもないし、ピロリ菌もいませんでした。
検査を受けるのは怖いし、また受けたいとは思っていませんが、胃の中に問題がないことがわかってとても安心しています。
もし、胃カメラをしたことがない方、心配な方は検査をされてはいかがでしょうか。
検査期間はたくさんあるので、自分が一番信頼できる病院で受けることがよいかと思います。(評判も大事です)

おまけ

鎮静剤が残っていて、夜は早く就寝しました。
翌朝、薬が抜けてとってもすっきりしています!
では!

この記事を書いている人 - WRITER -
ずえ
コンテンツプランナー・IT系OLブロガー・ライターの 大賀ずえです。 都内のIT企業でWEBマーケティング・SNSマーケティング・コンテンツマーケティングを行っています。 ディレクションから、ライティング、編集など多岐にわたります。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© MarroNote , 2018 All Rights Reserved.