WordPress

HubSpotをWordPressに導入!プラグインをつかって初期設定

Hubspot

WEB周りでよく聞くHubSpot。
MA
(マーケティングオートメーション)と呼ばれるマーケティングツールです。

例えば、ブログを見ている人がどのページを閲覧した後に、どのページに遷移してみているのかということがわかります。いわゆるトラッキングです。

オープンソースのmauticやmarket等が有名ですが、HubSpotも機能には制限がありますがフリーで利用できます。試しに導入してみたので、HubSpotをこれから導入予定の方はぜひ参考にしてみてください。

juicer
Juicerでペルソナ分析!blogのユーザー層を見える化しよう!blogをはじめるにあたり、どんな人に読んでもらいたいのかターゲット像を作ったずえ(@marronote)です! そんなと...
GitHub
GitHubの登録方法と初期設定の方法をまとめてみたWEB制作の界隈ではGitHubを利用してプログラムの共有をする場面が非常に多くあります。私も今年はWEBリニューアルの案件に携わりまし...

HubSpotはMA(マーケティングオートメーション)の一種です

アクセス解析・メール配信などマーケティングに関わる機能を持っています。

お問い合わせがきたときから、提案するまで、受注or失注までを追うことができるマーケティングツールです。

インバウンドマーケティングを行うのに便利な機能が備わっています。

HubSpotのWordPressプラグインを利用すると簡単

WordPressのプラグインから「新規追加」

「HubSpot Free Marketing」を検索して「今すぐインストール」


有効化してね!
hubspot
ポップアップがでるので、赤枠の部分をクリック!

アカウントを作成 メールアドレス・企業名・ウェブサイトを入力

hubspot

氏名とパスワードを入力

Take me to my account をクリック

hubspot
今度は、ワードプレスからHubSpotに遷移しますよ
hubspot

レポートのタイムゾーンと企業ドメインの設定をする

hubspot
「AsiaTokyo」を選択する(海外に住まわれている方はその国を選択すればOK)

Hub Spotのトラッキングコードをコピーする

hubspot
このタグを<body></body>タグの間に入れます。

<body></body>にタグを挿入(pooter.php)

上記でコピーしたタグを埋め込むのですが、こちらは注意が必要です。
直接テーマのデザインソースを編集します!

  • 編集する前にバックアップをとること
  • WordPressに直接書き込まず、テキストエディタで編集してからコピー&ペースト

外観>テーマの編集>お使いのテーマ>footer.php
このphpソースの中に、</body>タグがあります。直前にいれるといいですよ。

アカウントの規定値を編集

hubspot
ここまでで初期設定は完了です。

まとめ

HubSpotを利用すると、画面上にポップアップでメルマガ登録や資料DLのCTAを置くことができます。とっても便利なので、ぜひ設定したいですよね!

次回はその設定方法について説明します。

juicer
Juicerでペルソナ分析!blogのユーザー層を見える化しよう!blogをはじめるにあたり、どんな人に読んでもらいたいのかターゲット像を作ったずえ(@marronote)です! そんなと...
GitHub
GitHubの登録方法と初期設定の方法をまとめてみたWEB制作の界隈ではGitHubを利用してプログラムの共有をする場面が非常に多くあります。私も今年はWEBリニューアルの案件に携わりまし...
ABOUT ME
大賀 ずえ
コンテンツプランナー・IT系ブロガーの 大賀ずえです。『ネットで生きていこう』をテーマに、ブログを運営しています。都内のIT企業でWEB・SNSマーケティング・コンテンツマーケティングを行っています。ITとエンタメが得意で、メディアでの執筆も行っています。 インターネットが好きになる、大好きになるような情報を発信します。