Writing Technique

ビジネスで使えるメルマガの書き方(基本編)

メルマガの書き方

仕事で急にメルマガ担当者に任命され、どのように書いて良いのか悩んだ方はいませんか?

かくいう私もその1人。ある日、イベントを開催するので告知のためのメール配信をしようということになり、メルマガ担当に任命されてしまいました。

BtoB向けの内容にはなりますが、私が試行錯誤して掴んだのメルマガライティングのノウハウをご紹介します。

メール配信のターゲットを整理しましょう

あなたが送るメールはBtoBですか?それともBtoCですか?
年齢層は20代でしょうか、40代でしょうか?性別は?

メールを受け取る人がどんな人なのかターゲットを決めましょう。
例えば、中高生くらいの年代ならば友達と会話をするような文章がよいかもしれません。逆に40代~ならば、敬語を使った方がよいかもしれませんよね。

大賀ずえ
大賀ずえ
  私の失敗談。toB向けにメルマガを書いているのですが、対象の業界が幅広く金融機関や官公庁もふくまれていたため、アパレルのメルマガのようなラフな書き方は好まれませんでした。

メルマガのフォーマットを決めよう!

メールは、私信風に送りますか?それともテンプレートに当てはめたメルマガにしますか?

私信風メール

大賀ずえ
大賀ずえ
ちょっと堅苦しいかな。お客様との距離が近ければもっと砕いていいと思います。またあえて、誤字脱字を入れるというのも親近感を与えるテクニックの一つです。

メルマガ風

大賀ずえ
大賀ずえ
横は文字数30字以内に収めるようにするといいですね、モバイル端末で受け取る方が多い場合は、1文を短くする、1文~2文で改行をするなど工夫が必要です。

メルマガはファーストビューが大事

メールマガジンはファーストビューが大事です。毎日様々な会社やプロダクトのメールを受け取るので、読まれないまま埋もれてしまうメールも数多くあります。

  • タイトルには、伝えたいキーワードをわかりやすく簡潔に
  • ファーストビューに一番押したいURLが表示されるように記載する

この2点だけ注意をすれば大丈夫!ファーストビューよりも下にスクロールするほど閲覧される機会が減ります。一番伝えたい情報は必ずファーストビューにもっていきましょう。

まとめ

メールは、ターゲットによってだいぶヒットする文体や形式が違います。配信しながらチューニングをしていけばよいので、並び順を変えたり文体を変えたりといろいろ試してみましょう!

ABOUT ME
大賀 ずえ
コンテンツプランナー・IT系ブロガーの 大賀ずえです。『ネットで生きていこう』をテーマに、ブログを運営しています。都内のIT企業でWEB・SNSマーケティング・コンテンツマーケティングを行っています。ITとエンタメが得意で、メディアでの執筆も行っています。 インターネットが好きになる、大好きになるような情報を発信します。