ITコラム

しるし書店オープン!古本と何が違うの?

しるし書店

キングコングの西野さんが、しるし書店(スマホアプリ)を開発しました。
名前を聞いて、本を売っているということは想像できると思います。
しかし、「しるし」って何だろう?と思った方も多いのでは。
私もその一人。
どんな書籍を売っているのか調べてみました。

しるしの入った古本の売買ができるアプリ

しるし書店で販売する本は、みんなが読んだ本。
本を読むときに、大事なところに線をひいたり、メモしたりしていませんか。
読んだ人の「しるし」が入った本は世界にたった一つ。
たった一つのしるしの入った書籍の売買ができるアプリです。

しるしが入っているのに価値がある理由

新品じゃないのに定価よりも高く売っているのはなぜ?
実は、定価よりも高く設定している方もいます。
例えば、知らない人のメモが入った本と自分が大好きなアーティストのメモが書き込まれた本だったらどちらを購入しますか?
もし、大好きな人がメモした本を買うことができるなら、定価以上の金額で買うこともあるのではないでしょうか。
しるしは付加価値。
しるしの入った本は、たった一つの本なのです。

ABOUT ME
大賀 ずえ
コンテンツプランナー・IT系ブロガーの 大賀ずえです。『ネットで生きていこう』をテーマに、ブログを運営しています。都内のIT企業でWEB・SNSマーケティング・コンテンツマーケティングを行っています。ITとエンタメが得意で、メディアでの執筆も行っています。 インターネットが好きになる、大好きになるような情報を発信します。