コンテンツプランナー大賀ずえがIT情報を発信中!

現在、サーバー移行に伴い一部不具合がでています。ご迷惑をおかけしますがご了承ください。

みんなのレタポ活動チェックしよう!

 
  2018/05/13
ずえ
WRITER
 
レターポット
この記事を書いている人 - WRITER -
ずえ
コンテンツプランナー・IT系OLブロガー・ライターの 大賀ずえです。 都内のIT企業でWEBマーケティング・SNSマーケティング・コンテンツマーケティングを行っています。 ディレクションから、ライティング、編集など多岐にわたります。
詳しいプロフィールはこちら

文字(レター)を送るレターポット。先日書いたレターポットについての記事をたくさんの方に読んでいただきました。

この記事に対してたくさんのレターをいただきました。
ブログを書いていて、読んでくださった方がどんな気持ちになったのか、役に立ったのかとわからず不安なところがありました。
レターポットによって、可視化されとっても良いフィードバックをいただきました。皆様に感謝。

次はあなたが与える人になろう!

レターポットを始め方で、私は次のように書きました。

Twitterで「レターください」とつぶやいてみました。

レターポットを始めるにあたり、レターくださいとつぶやきました。じゃあその次はどうすればいいんだろう?
「レターがないからください!」「レターを○○さんに送りたいからください!」

あなたはいつまでも、レターくださいって言い続ける?

ずえ

#レターポット を検索してみてください。みんなどんなことをつぶやいているんだろう?


レターポットの歌をカバーしている方がいる!
レターポットのアイコンを作っている人も!
【無料素材】勝手に作ったレターポットのアイコンにバリエーションを追加しました
アイコンカワイイし、レターポットのカバーすごい!!その気持ちレターで伝えたくなりますよね。
とここで、冒頭に戻りますが、私のブログを読んでレターをくださった方がいました。
とってもとっても嬉しかった。
少しだけだけど私から読んでくれた誰かに何かを与えることができたのかな。
だからまた私も、ブログを通して読んでくださった方へ私の思いを届けられたらな。届けたいな。そう思っています。
私と一緒に、あなたも次のステップに進みませんか?

みんなのレターポット活動をチェックしよう!

レターポットのグッツやアイコンなどを作られている方がいるのでご紹介します。是非、いいな!と思ったらレターを送ってみてください。

レターポットのロゴのアイコン


カラーバリエーションが沢山あり可愛すぎる!ブログに設置したいので調査中です♪よらさんのよらノートはこちらから!

ずえ

レターポットのパスケース


ハンドメイドだなんて器用すぎる!リュックにつけたらとってもかわいい♪

ずえ

レターポットソングのカバー


歌が上手い!!私も綺麗な声に生まれたかった…

ずえ

レターポットソングの振付け


ダンスがかわいい♪レターポットダンス動画投稿コンテストしたら面白そう♪

ずえ

レターポットの成り立ちを知ろう!

クラウドファンディングを利用して誕生

レターポットは、クラウドファンディングのCAMPFIREで資金を集めて制作されました。
キンコン西野の新サービス『レターポット』の開発費用を集めたい
このクラウドファンディングにおいて、西野さんが語った言葉が印象的だったので引用います。

僕は阪神淡路大震災の被災者で、週末になるとボランティアに行っていたのですが、震えている人に毛布をかけたり、お腹が空いている人に豚汁を作るハズだった僕らの手と時間は、全国から送られてくる『千羽鶴』の撤去に割かれてしまいました。
全国から送られてくる『着ることができない古着』の撤去に割かれてしまいました。
時には、それらを処分する為の費用が発生しました。
被災地に『千羽鶴』は要りませんでした。
被災地に『着ることができない古着』は要りませんでした。
要る人もいますが、要らない人もいます。
しかし、そのことを言うと、
「お前達のことを想って鶴を折ったんだぞ!」
「お前達のことを想って、古着を送ってやったんだぞ!」
と、”支援した側”の正義でもって、バッシングを浴びてしまいます。
これは東日本大震災でも、熊本地震でも、同じ問題が起こっていました。
要らないモノを「要らない」と言うと、怒られてしまうのです。
引用元:キンコン西野の新サービス『レターポット』の開発費用を集めたい

私は東日本大震災を経験しました。人々の目は東北地方に向いてしまい、陸の孤島と化してしまいました。
当時、私は小売業界で働いていましたが、どんなに人々が必要としていても、全国の水という水はすべて東北へ送られてしまいました。
東北の被害がひどかったため、日本国内の大手飲料メーカーの方針で「東北に送る」と決められたからです。あっという間に水の在庫が無くなり、当然お客様優先なので私は家族が飲む水を手に入れることができませんでした。
被災者が本当に必要なものをみなさんご存知ですか?考えたことはありますか?
同業界の関西方面の会社さんが、無償でお水をたくさん送ってくれました。(販売分)同じく被災しているのに、私のためにお水を分けてくれたパートさん。そして、私にお水を送ってくれた友達。
生まれてはじめて私は人の温かさと感謝の気持ちをしりました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ずえ
コンテンツプランナー・IT系OLブロガー・ライターの 大賀ずえです。 都内のIT企業でWEBマーケティング・SNSマーケティング・コンテンツマーケティングを行っています。 ディレクションから、ライティング、編集など多岐にわたります。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© MarroNote , 2018 All Rights Reserved.