コンテンツプランナー大賀ずえがIT情報を発信中!

現在、サーバー移行に伴い一部不具合がでています。ご迷惑をおかけしますがご了承ください。

仮想通貨?レターポットのアプリ化と評判について語ってみた

 
  2018/05/13
ずえ
WRITER
 
仮想通貨 レターポット
この記事を書いている人 - WRITER -
ずえ
コンテンツプランナー・IT系OLブロガー・ライターの 大賀ずえです。 都内のIT企業でWEBマーケティング・SNSマーケティング・コンテンツマーケティングを行っています。 ディレクションから、ライティング、編集など多岐にわたります。
詳しいプロフィールはこちら

レターポットがリリースしてから約3週間。
そろそろレターポットに、○○な機能があったらいいなぁなんて考えたりしませんか?
実際に声があがっているレターポットのアプリ化とユーザーの評判について説明します。

レターポットのアプリ化について

ユーザーからのレターポットアプリ化の要望があります。しかし、現時点ではアプリ化の予定はありません。
その理由について、西野さんがブログでまとめられています。

レターポットのアプリ?

アプリ化のメリット
  1. アイコンがホーム画面に自動的に出る
  2. レターが贈られてきた時に通知がくる
1については、スマホの待受画面にレターポットのリンクを貼ることで解消できます。
2については、レターポットの世界はgive & give
見返りを求めるものではないので、通知は必要ないのではないかということです。

レターポットが届くと、通知メールが届くよ!どうしても気になる場合は、メールをチェックすればいいかもね。

ずえ

仮想通貨ではないレターポットは何なのか?

レターポットは、電子通貨です。例えば、電子マネーや電子地域通貨に近いものです。
しばしばレターポットを「仮想通貨」として紹介されているケースをみますが誤りです。
「仮想通貨」というのは一言でいうとレートをもつものを指します。例えばビットコインがそうです。
事業として「仮想通貨」を使う場合は、金融庁に届け出をだし承認されて初めて「仮想通貨」と名乗ることができます。勝手に「仮想通貨」と呼ぶことはできません。
レターポットは1文字5円と決まっています。そして、購入したレターを現金に戻すことはできません。だから、「電子マネー」もしくは「地域通貨」といった表現の方が近しいでしょう。

レターポットを「仮想通貨」と呼ぶことはできません。

ずえ

ちなみに、キングコングの西野さんさんが名言されていますが、換金機能はつかないと名言されています。
だってレターポットは見返りを求めないから。
レターポットの世界観を維持するためには、換金機能はいりません。

詳しくは西野さんの動画を見てね!

ずえ

仮想通貨に関連する事業を行うみなさまへ

レタポユーザーの評判

若年層で利用者が少ない、反応が少ないのは、レターポットのターゲットが30代前後にフューチャーされているからではないかなと思います。(私の所感です)実際、西野さんのサロンメンバーは20代後半~30代位が一番多そうです。
また、レターの支払いがクレジットカードのみというのもネックになっています。
18歳未満はクレジットカードを持てません。もし若年層にも広げたいならば、キャリア決済やコンビニ決済に対応するのかが一つのポイントになるのかも。
とはいっても、レターを購入することだけがレターポットの利用方法ではありません。だれかのためになるようなことをするのも一つの方法ではないでしょうか。
だから、私はレターポットのスタンスは今のままでよいと考えています。

みんなの声

レターポットの評判について、良い意見も悪い意見もピックアップしました。
人にはそれぞれ考え方があると思いますので、こちらを読んでみてレターポットの世界観がしっくりくるか判断されるといいかもしれません。


レターポットがキッカケで、リアルな交流につながっている方もいる反面、合わなかったかなという方もいますよね。
まずは利用してみると、レターポットが何なのか、自分に合うか合わないかわかると思います。

ずえ

ずえのレターポットはこちら

レターポットでブログの感想をもらってうれしかった話は↓↓

この記事を書いている人 - WRITER -
ずえ
コンテンツプランナー・IT系OLブロガー・ライターの 大賀ずえです。 都内のIT企業でWEBマーケティング・SNSマーケティング・コンテンツマーケティングを行っています。 ディレクションから、ライティング、編集など多岐にわたります。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© MarroNote , 2018 All Rights Reserved.