コンテンツプランナー大賀ずえがIT情報を発信中!

現在、サーバー移行に伴い一部不具合がでています。ご迷惑をおかけしますがご了承ください。

初対面で仲良くなる方法 オフィスおさむ

 
  2018/05/06
ずえ
WRITER
 
仲良くなりたい
この記事を書いている人 - WRITER -
ずえ
コンテンツプランナー・IT系OLブロガー・ライターの 大賀ずえです。 都内のIT企業でWEBマーケティング・SNSマーケティング・コンテンツマーケティングを行っています。 ディレクションから、ライティング、編集など多岐にわたります。
詳しいプロフィールはこちら

コンテンツプランナーの創業を目指し、オフィスおさむに入会して1週間。
オフィスおさむのメンバーは10名。北は北海道、西は福岡と全国様々な場所から集まったメンバーです。年齢も20代前半から30代とバラバラ。
仲良くなりたいと思い、私が実践していることをまとめてみました。
これから春にかけて、環境の変化や新しい出会いが増えるだろうあなた。仲良くなるためのヒントになれば幸いです。
オフィスおさむについて知りたい方は↓↓の記事を読んでね。

サロン入会するときに決めた自分への約束

オフィスおさむに入会すると決めたとき、自分で決めた約束があります。

  • 自分の意見や考えを発言する
  • スピード感をもって参加する
  • 5000円以上のモノを得るために行動する
  • 仲間をつくる

月謝5000円は自己投資。たった5000円で参加できる機会は今しかない!と思ったよ。

ずえ

キッカケ

私が入会したキッカケは、自分から情報を発信していく人になりたいから。自分を認めてもらいたいという承認欲求みたいなものです。
ほめられたり、役に立ったよっていわれることがとてもうれしかった。

小学生のころから私は文章を書くことが大好き。中学生時代、インターネットの黎明期から日記を書いて公開したり、ホームページを作成したり。高校時代のライフログには、「ライターしながら24歳で出産、本3冊出版する」と書くようなイタイ子でした。
大学生になり、大学で主催しているメディア系の講座を受講。少しライティングの仕事などをする。
就職活動に失敗。地元の食品スーパーに就職。
IT企業に転職し、マーケティング部で勤務

ホームページは、自己表現の一つだった

ずえ

就職活動で夢かなわず挫折したけれど結果私がやりたいと思っていたことを仕事にできているので、いつ夢が叶うかわからないよね。総合職採用だったけれど、憧れていたマーケティング部で働くことになったり。

半年くらいはそれで満足していたよ!

ずえ

欲深いなぁって思います。憧れていたマーケティング部に配属される、今度は学生の頃から夢見ていたライターや編集業務をやりたくなります。 そのために、あれやこれや口出したり、手を出したり。たぶん同じ部署の仲間にしてみたら、私は鬱陶しい存在だったと思います。それでも、言い続けたこと行動し続けたことで、昨年、コンテンツディレクターになるという夢を叶えました。

人間とは、一つ夢を叶えるとまた一つ新しい夢・目標・欲ができる

ずえ

もっと読みたいと思ってもらえるコンテンツを作りたい。企画を考えて、発信して楽しんで欲しい。 どんどん情報を発信していきたい!につながり、コンテンツプランナー創業メンバーに加入することになりました。

私が困っていること

今、私が困っていることは、議論したり客観的な意見をもらえる場がないこと。会社員のデメリットかな。

みんな面倒くさいことはしたくないし、もめたくもない。だから、議論にならないんだよね。

ずえ

インプットはそれなり、アウトプットの場所がありません。
私の環境では、意見がぶつかることを避けたりする傾向があり、納得がいくまで意見や考えをぶつけるということがありませんでした。
私は本音をぶつけて、議論して、語れる仲間が欲しかった。
いいところは取り入れて、自分がダメな部分は直したい。

オフィスおさむのメンバーと仲良くなる方法

入会して1週間。少しずつみんなのカラーがでてきたけれど、まだまだ知らないことばかり。
そこで、私が実践していることを紹介します。

  • コメントを読んで私が思ったこと・考えたこと・感じたことをレスしてみる
  • 自分から声をかけてみる
  • ファーストネームで呼んでみる

私は自分から声をかけたり、みんなのコメントを読んで思ったこと感じたことをレスしています。

ここで、BMSの経験が活きた!

ずえ

コメントがあると嬉しいよね。自分がコメントすることで、私の頭の中も整理されるし、フィードバックをもらえると糧になる。一石二鳥。
でもまだまだ、コメントがもらえない。それは、求めている回答であったり、コメントを返そうと思えるような発言ができていないからです。反省。
反応が薄いときには、タグ付けして呼び掛けてみた

反応があった!

ずえ

発言することが怖い、フィードバックが怖いという気持ちは私もあります。それほど私は社交的な人間ではありません。
怖いからといって、発言せず行動しなかったら、私は何を得るのでしょうか?

直接呼びかけたら、答えてくれた。私の問いかけが悪かったから反応が薄かったんだね

ずえ

1つ学びました。
ということで、もっともっと自分の知識やスキルを増やしていきたいと思っています。

この原稿を書くにあたって

この記事を書くにあたり、影響を受けた方を記載します。(時系列で並べました)

なおこの記事は、ジュンイチさんのブログにインスパイアされました。
自己開示さく裂!ブログで感情のこもった「あなたの人柄が伝わる記事」を書く3つの手順

この記事を書いている人 - WRITER -
ずえ
コンテンツプランナー・IT系OLブロガー・ライターの 大賀ずえです。 都内のIT企業でWEBマーケティング・SNSマーケティング・コンテンツマーケティングを行っています。 ディレクションから、ライティング、編集など多岐にわたります。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© MarroNote , 2018 All Rights Reserved.