コンテンツプランナー大賀ずえがIT情報を発信中!

現在、サーバー移行に伴い一部不具合がでています。ご迷惑をおかけしますがご了承ください。

自分を見失った15日間と悔しさとやるせなさと

 
  2018/05/06
ずえ
WRITER
 
自分を見失う
この記事を書いている人 - WRITER -
ずえ
コンテンツプランナー・IT系OLブロガー・ライターの 大賀ずえです。 都内のIT企業でWEBマーケティング・SNSマーケティング・コンテンツマーケティングを行っています。 ディレクションから、ライティング、編集など多岐にわたります。
詳しいプロフィールはこちら

とってもやる気満々だった私ですが、急にブログが書けなくなってしまいました。
いま進行中の話で答えがないもやもや。
それをここにぶつけてみます。(書きあげるのに数日かかっています)

下書きがたくさん

やる気はあった。いろいろと書いてみた。
なのに公開されない原稿たち。下書きが沢山。
自分の書いた文章に自信が無くなってしまって、冷静に見直すことができませんでした。

うまくまわせていない私

ここにいたる原因について考えてみました。

  • 案件を沢山引き受けてしまった
  • 本業でキャパオーバーしていた
  • 新しい活動をはじめた

この3つは、どれも望んで広げたこと。だから睡眠時間が無くなるのは仕方がない。
2週間の間に、1万字2本、5000字5本、2000字3本書いた。書いた。書いた。
私のブログにかけられる時間は、平日の夜22時~翌朝7時まで、土日終日。
自分の中の境界線が無くなって、自分がどこにいるのかわからなくなりました。
私は集中モードに入ると、周囲の音が遮断されたかのような状況になる。
区別がつかなくなるので、求められているモノと自分が求めているモノが混ざってしまい気持ち悪い状態になるのです。
仕事でも、なんだかうまく処理できなくて停滞してしまっています。
何をしても伝わらない

トドメを刺したのはメンタル

とどめを刺したのはメンタル。
昨年の今頃を思い出して行き場のない気持ちにストレスを感じています。
もうすぐ私の父の命日です。
父の死に私は納得していません。
あのとき、私が無理やりでも信頼する病院へ連れていくべきだった。
あのとき、嫌がる父に手術を進めなければよかった。
あのとき、父親のそばについているべきだった。
あのとき、救命救急を信用しなければよかった。
この気持ちの行き場はどこにもありません。
誰に共有することもできない、理解してもらうことはできない。

負の感情は負を呼び込む

もやもやはだんだんと大きくなり、私が何かしようとすると足を引っ張るようになりました。
身動きがとれない。
よくマイナスな発言は自分に返ってくると言いますがその通り。
マイナスの感情は自分自身へ向かいます。

立ち止まってみてもいい

ちょっとくらい立ち止まって休憩してみてもいいのではないのか。
甘やかしたっていいんじゃないのか。
20本書くというノルマを今月は辞めてみました。

負の連鎖を断ち切るべく書いてみた

とはいえ、停滞したくはありません。
負の連鎖を断ち切るべく、いまとりとめとない気持ちをここに書いてみました。
私のもやもやをネタにしてみるのもあり。どのように調理しようか?
立ち止まってしまうこともあるけれど、停滞はしたくない。
一歩でも前進したいなとおもいまとまらない気持ちを書きました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ずえ
コンテンツプランナー・IT系OLブロガー・ライターの 大賀ずえです。 都内のIT企業でWEBマーケティング・SNSマーケティング・コンテンツマーケティングを行っています。 ディレクションから、ライティング、編集など多岐にわたります。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© MarroNote , 2018 All Rights Reserved.